真の成功に必要な7つの習慣とは?(後編)

やっほー!趣味ブロガーのポムです!

前回、スティーブン・R・コヴィー著書 「完訳 7つの習慣~人格主義の回復~」の7つの習慣のうち、3つの習慣を紹介しました。

これら3つの習慣は「私的成功」と呼ばれ、これから紹介する残りの習慣の土台となる習慣です。

社会で生きる人間としての理想形とされる第4~第6の習慣。

そして、人間としての外枠を広げていく第7の習慣とは、何なのか?

これから一緒に学んでいきましょう!🙌

読んでみたい!という方はぜひ購入してみて下さい!おススメです👍

難しそうだなと感じる方は、簡単にまとめられた本をチェック!漫画で読むからわかりやすい!

目次

第4の習慣

それは、”Win-Win”を考えることです。

みなさんは、「交渉」には勝者と敗者が付きものと考えていませんか?

確かに「勝負」には読んで字のごとく、勝者と敗者があります。

しかし、「交渉」に関しては違います。

自分の利益を主張するばかりでは、周囲の信頼を得ることができません。

”Win-Win”を考えることとは、どういうことなのか?次の2つの項目を理解していきましょう!

双方にメリットのある道が真の正解

”Win-Win”とは、その名の通り「お互いが勝つ」、つまり交渉の際にお互いがプラスになる関係のことです。

しかし、世の中はこの”Win-Win”な関係はあまり見受けられません。大抵、”Win-Lose”(自分が勝って、相手が負けるパターン)か、”Lose-Win”(自分が負けて、相手が勝つパターン)の関係ばかりです。

では、その”Win-Lose”と”Lose-Win”はどのようなケースで起きているのでしょうか?

まず、”Win-Lose”は想像しやすいと思います。「自分の会社が儲けるために下請け会社に無理強いをする」・「上司が楽するために、部下に仕事を押し付ける」などなど、この関係が最も起きているパターンだと思います。

そして、”Lose-Win”は、この行動をする人にとっては”Win-Win”だと勝手に勘違いしているケースです。相手に好かれたい気持ちが強いために、自分の不利益には目をつむることで損をしてしまうのが、このパターンです。

もちろん、常に”Win-Win”というのは難しいですが、「人生」という長いスパンで考えると、これがベストな人間関係です。

この”Win-Win”を成立させるために必要な資質は次の2つです。

・自分のWinを求めて、相手に誠実な気持ちを伝える「勇気」

・相手にWinを与える「思いやり」

この2つを頭に入れ、意識して行動するようにしましょう!

「与える人」が最も豊かになれる

”Win-Win”の関係を築くために、それを支える以下に示す5つの柱があります。

1 第1~第3の習慣を実行することで得た誠実性や、”豊かさマインド”に基づく「人格
2 素晴らしい人格から始まる交流によって構築できる、強い信頼「関係
3 議論を尽くして、両方が納得する「合意
4 人間関係を継続する仕組みが円滑に機能している「システム
5 ”Win-Win”という結果に至るまでの「プロセス

「そもそも、”豊かさマインド”ってなに?」って思いますよね。

”豊かさマインド”とは、「すべての人が満足することは可能である」という発想のことで、幸せの量は一定ではなく、新しく作り出していくことができる、という考え方です。

正直、4つ目の「システム」に関しては、会社などの組織が影響を与える項目なので、個人ではあまり関係なさそうだなと思いました。

そして、5つ目の「プロセス」に関して、著者のコヴィーは、以下の4つのステップを勧めています。

① 相手を理解する
② 解決すべき課題を明確にする
③ 確保すべき結果を明確にする
④ 結果を達成するための選択肢を出す

これらは、次の第5・第6の習慣に関する大事なステップです。

では、第5・第6の習慣とはいったい何なのか?

第5の習慣

それは、”まず理解に徹し、そして理解されること”です。

本当の信頼を得て、自分の影響力を発揮するためには、まず第一に相手の話を深く聞く必要があります。

しかし、この「聞く力」を軽視する人は多く、自分が「話す」ことに集中してしまいがちです。

「自分の答え」に急がず、「相手の答え」に耳を傾けましょう!

「話す」ことより「聞く」ことから始めよう

家族や友人、恋人などに自分のことを理解してもらいたいと思っていても、成功している人はあまりいません。

それはなぜか?

「自分の言いたいこと」を話すだけで、相手のことを理解しようという姿勢が足りないからです。

上手く理解されていないと感じる人は、「理解してくれない相手が悪い」のではなく、その前に自分自身の言動を振り返るようにしましょう。

特に悪いのが、言うことが毎回違ったり、気分屋で態度が一貫していない人です。このような人たちの話を理解しようとは誰も思わないでしょう。

一方で、聞き方によっては”Win-Win”の関係を築くことができます。

それは、「共感による傾聴」です。ナニソレ?て思いますよね笑

これは、相手の目線で話を聞き、心の底から誠意を持って相手を理解しようとすることです。

相手の発言内容に対してではなく、「どう感じたか」に耳を傾けることが重要です。

人の話に耳を傾けるときは、「話したい」という欲をできるだけ抑えるようにしましょう!

4段階の聞き方で相手を深く理解する

まず、4段階の聞き方を説明する前に、気を付けてほしい傾聴の仕方を説明します。

それは、「自分の場合」に当てはめて話を聞かないようにすることです。

どういうことかというと、人の話を自分の経験で解釈したり、評価しようとして、人の話を聞いてしまう態度はやめましょう。

これは、”自叙伝的反応”と呼ばれ、人が悩みを打ち明けると「私もそうだったから、あなたもこうしたら?」という上辺だけの傾聴をしてしまいます。

これはかえって相手を傷つけるため、人間関係を悪くしてしまいます。

では、そうしないための共感による傾聴の上達に必要な4つの聞き方を以下にまとめます。

第1段階 話の中身(キーワード)を繰り返す
⇒相手の話を注意して聞くようになる

第2段階 話の内容を自分の言葉に置き換えて言い直す
⇒話の内容を考えながら聞くようになる

第3段階 「つらいね」・「楽しいね」など相手の感情を自分の言葉で置き換える相づちを打つ
⇒相手の言葉より、相手の感情に注意して話を聞くようになる

第4段階 第2、第3段階を同時に行う
⇒この段階で、初めて相手は心を開き、信頼感が生まれる

しかし、これを実践するにはまず、「相手を理解したい」という誠意が必要です。

それを踏まえたうえで、この4段階の聞き方を実践してみましょう!

第6の習慣

それは、シナジーを創り出すことです。

人と何かをするとき、どうしても「共通点」ばかり気にしていませんか?

しかし、「相違点」をぶつけ合うからこそ、お互いの良さを活かし合い、シナジー効果でより大きな成果を得ることができます。

お互いに納得できる「第3の案」は必ずある

そもそも、”シナジー”とは、個別のものをあわせて個々の和より大きな成果を得ることです。つまり、今まで存在しなかった新しいものを生み出せるものです。

このシナジーの本質は、「違いを尊重すること」です。しかし、自分の考えと違うものに関しては、人々は否定的になりがちです。

でも、まったく同じ人生を歩む人なんてこの世に一人もいませんし、違う経験を積んできているので、むしろ同じ考えになる方が珍しいと思います。(もし同じになったら、”Lose-Win”の関係になっている可能性が高いかもしれません)

そのため、考え方やモノの見方は違って当たり前。そこを素直に認めることで、相手から長所を学んでいく。

このようにして、「違い」を尊重するようにしましょう。

このとき、やってはいけないことが、「違い」を見出せずに「妥協」してしまうことです。

これが一体どういうことか、以下の図で説明します。

2つの三角形は、共同作業を行うイメージです。

「妥協」の場合、違いを尊重せず、重なり合っている部分のみ合意して満足したため、新しいものが全く生まれません。

しかし、「シナジー」の場合、2つの三角形の外側に辺を伸ばしていくため、新しく・大きな成果が生まれていきます。

これを「第3の案」といい、お互いに大きなメリットをもたらすので、ぜひ実践してみましょう!

シナジーをもたらすコミュニケーションとは

シナジーを生むためには、コミュニケーションの”深さ”が必要です。

この”深さ”は3つの段階に分けられており、項目に分けて説明していきます。

「防衛的コミュニケーション」(信頼度・協力度:
⇒相手を警戒し、隙を見せないようにお互いが守りに入ってしまう状態。一方がWin、一方がLoseで終わってしまう

「尊敬的コミュニケーション」(信頼度・協力度:
⇒ある程度、信頼と協力度が高まると相互理解は深まるが、相手を”立てる”意識が強いため共感による傾聴には至らない。いわゆる「妥協」の状態

「シナジー的コミュニケーション」(信頼度・協力度:
⇒お互いに尊敬し、協力し合うことで、それぞれの相違点について理解し合うため、大きな成果を得ることが可能になる状態。これが望ましい”Win-Win”の関係

とはいえ、みんながこの考えを意識するわけではないので、共感するのは難しいと思います。

他人の意見を批判するばかりの人。自己主張ばかりする人。自分の意見を強引に押し付けてくる人。などなど、、、

しかし、相手の無神経さや、愛情のなさを認め「妥協」してしまうと、後の争いの種になってしまいます。

そのため、自分は自分の原則を守り、どんな相手でも違いを尊重してシナジーを創り出すことができると信じて、忍耐的に人と接するようにしましょう!

ここまで紹介した第4~第6の習慣が「公的成功」と呼ばれる習慣です!

最後に、自分の活動自体がシナジーをもたらす、第7の習慣を説明していきます。

第7の習慣

それは、刃を磨くことです。

ここまで紹介した第1~第6の習慣をもとに、より大きな成果を出すためには、日々自分を鍛え”切れ味”を高めていくことです。

”自分”というダイヤの原石にも劣らない素材を高めることで、それぞれの習慣から得られる実りも自然と大きくなっていくでしょう!

日々、自分の器を育てよう

最後の第7の習慣は、「刃を研ぐ」こと。これをするには、4つの側面でバランスよく刃を研ぐ時間を取る習慣が必要です。

では、4つの側面とは何か?また、それをバランスよく刃を研ぐとはどういうことなのか?まとめて説明します。

1 肉体的側面で刃を研ぐ(体調)
⇒食事・休養・運動によって体をメンテナンスすること。第1の習慣「主体的である」を継続するために必要です。

2 精神的側面で刃を研ぐ(観点)
⇒心を静め、自らの価値観を深く見つめること。第2の習慣「終わりを思い描くことから始める」を行うことと関係しています。

3 知的側面で刃を研ぐ(自律性)
⇒知識を増やし、情報選択・収集力を身につけること。第3の習慣「最優先事項を優先する」に基づいて、自分の目的や価値観にあった行動を心がけましょう。

4 社会・情報的側面で刃を研ぐ(つながり)
⇒他人との関係を強化することで、心の平安を保つことです。公的成功である、第4~第6の習慣のために必要なことです。

第7の習慣は、第1~第6の習慣と切り離して考えては、意味がありません。この第7の習慣がもたらすものは「4つの側面の再新再生(リニューアル)」です。

第1~第6の習慣を心がけながら、第7の習慣を続けることによって、上へ向かう螺旋階段のように自分自身を高めることができます。

ここまで紹介した、7つの習慣を通して、自分の人生は自分自身の手で切り開いていきましょう!

最後に

いかがだったでしょうか?

第4~第6の習慣である「公的成功」は、第1~第3の習慣「私的成功」の上に成り立つと、本には書かれていますが、私はそれらを知るだけでも、これからの自分の行動は大きく変わってくると思います。

実際、この本に書かれているように、人が変わることは簡単ではなく、変われたとしても時間がかかると思います。

ですが、まずは意識を変え、それを習慣にする。それだけで、革命的なことだと思います!

この本を読んでみて自分が学んだことは計り知れません。それくらい内容が濃かったです。

実はまだ、「第8の習慣」があるようなので、気になる方はぜひこの本を購入してみて下さい!

難しそうだなと感じる方は、簡単にまとめられた本をチェック!漫画で読むからわかりやすい!

それでは、今回はこの辺で!

面白いと思ったら、応援していただけると幸いです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 PVアクセスランキング にほんブログ村 趣味ブロガー ポムの雑記ブログ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (1件)

コメントする

目次
閉じる