「紙の本」と「電子書籍」記憶に残りやすいのは…

最近はスマホやタブレットの急速な普及によって、電子書籍で本を読む方や電子書籍をおススメする方が増えています。

一方で、学校教育の現場にタブレット端末を導入するなど、教材のデジタル化に関しては、反対の意見がまだ多くあげられます。

しかし、紙の教科書は確かに重いし、最悪お茶をこぼして破れる可能性もあるし、記憶の定着に支障がないなら電子書籍でもいいのでは?と思う方もいるかもしれません。

気になる主婦

実際に読んでいて、記憶が定着しやすいのはどちらなの?その根拠は?

このような疑問を解決していきます!

今回はその悩みを解決していきながら、「紙の本」と「電子書籍」を使い分ける方法と併せて紹介していきます!

目次

より記憶が定着しやすいのは、、、

結論から言うと、より記憶が定着しやすいと言われているのは、紙の本です!

これについては、「紙の本の方が電子書籍より記憶に残りやすい」という研究結果がすでに出ています。

But some studies suggest that there may be significant advantages in printed books if your goal is to remember what you read long-term.

引用元:Do E-Books Make It Harder to Remember What You Just Read? 

紙の本を読むときの、手触り・紙のにおい・ページをめくる音・本の重みなど、五感の情報とともに記憶しやすくなっていると言われています。

また、紙媒体の大きなメリットは一覧で見ることができる点です。

パラパラっと全体を見渡して、だいたい何が書かれているか把握したり、気になる記事があればそれをすぐに読むこともできます。

一方で、電子書籍の場合、他のアプリの通知や目の疲労感によって、注意力が散漫になりやすくなることが考えられます。

また、パソコンやスマートフォンだとどうしてもブルーライトの影響で目が疲れやすくなってしまいます。

さらにスマートフォンの場合、電子書籍を読んでいるときにLINEやTwitterなどのSNSの通知によって、そっちに気が向きやすくなるため、集中して読みたい時にはおススメしません。

そのため、ここまでの理由を踏まえて記憶の定着に適しているのは紙の本ということになります。

記憶を定着させるためにすべきこと

しかし、「紙の本」でも「電子書籍」でも、記憶を定着させるためには共通して重要なことをする必要があります。

それは、”紙にアウトプットすること”です!

これは、両方に共通していることですが、ただ読むだけではなかなか記憶に定着しません。もしそれができるなら、学生さんは教科書さえ読めば毎回テストでほぼ満点を取れるでしょう😅

だからこそ重要なのは、紙に書くこと(アウトプットすること)なのです!

手を動かすことで脳を刺激し、記憶の定着に結びつきます。

小学校で使う漢字ドリルは同じ漢字を数回書かせるような仕組みになっていると思いますが、”書く”という動作が記憶の定着に繋がるとわかっているから、あの仕組みになっているのです。

他にも「アイディアが思いついたら、その場でアウトプットすべき」と聞いたことがあるかもしれません。アイディアが思いついてもそのままにしたら記憶に残らないためメモが必要だ、ということがわかっているからこその言葉ですね。

結局、人が何かを記憶するには脳を刺激する必要があるということなんです!

状況によって使い分けるのが望ましい

ここまで読んだあなたは、「じゃあ電子書籍では読むなって言いたいのか?」と思うかもしれませんが、決して電子書籍がダメと言いたいわけではありません。

「紙の本」が記憶の定着に優位という事実は変わりませんが、時間制限がない状況下では、「電子書籍」でも記憶の定着に大きな差はないことがわかっています。

つまり、旅行に行くときの移動時間であったり、家でのんびりくつろぎながら読書をするときは、「電子書籍」の方が便利だといえます。

他にも小説や漫画など娯楽で読むものに関しても、「電子書籍」の方がおススメです!

国内最大級の電子書籍販売サイトを利用したい方はこちら

電子書籍のメリットは料金が若干安いこと、情報の鮮度が高いことや、なにより場所を取らないことが一番大きなメリットだと思います!

このように、状況に応じて使い分けることが、最も望ましいのではないかと思います。

最後に

紙媒体や電子書籍はそれぞれメリットとデメリットがあります。

しかし、くどいようですが学校のテスト勉強や社会人の資格勉強などは「紙の本」がおススメです。

そのため、勉強は「紙の本」漫画は「電子書籍」といった具合に使い分けることが最も望ましいのではないかと思います。

最近では、大学生や社会人の方がタブレットを利用して作業する姿がよく見られます。
しかし、それが勉強であれば、あまり効率的とは言えないのかもしれませんね…

この記事を参考に、ぜひ「紙の本」と「電子書籍」を上手に活用してみて下さい!

国内最大級のマンガ販売サイトはこちら

それでは、今回はこの辺で!

面白いと思ったら、応援していただけると幸いです。

PVアクセスランキング にほんブログ村 ポムログ - にほんブログ村
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる